◆これまでご講義いただいた講師の方


★小島章伸氏:『リーダーシップ論』(第1期~7期)

  第1期より『リーダーシップ論』をご担当。日経新聞記者として関わった内外の

  著名リーダーのお話は秀逸でした。特にケネディ大統領の有名な大統領就任演説

  を生で取材した時の話や、鄧小平が来日した時に外務省職員の反対を押し切って

  尖閣諸島に関する有名な回答を引き出したお話などは、何度聞いてもワクワクい

  たしました。

 

★藤田公郎氏:『国際貢献』(第1~4期)

  元JICA総裁。現北野氏の前任として『国際貢献』の講座をご担当いただきまし

  た。前後、焼け野原となった日本が、海外からの復興支援(ララ・プラン等)や

  東海道新幹線の建設資金となった世界銀行融資にまつわるお話など、大変興味深

  くお聞きしました。「日本も貢献しないといけない」と改めて感じさせられる講

  座でした。

 

★高成田享氏:『経済』『アメリカ』『震災復興』等(第1期、3~6期、8期)

  元朝日新聞論説委員。ジャーナリストとして、経済のお話や駐米経験を活かした

  お話をしていただきました。後半は仙台大学教授として、震災復興関連のお話を

  興味深くお聞きいたしました。幅広いジャンルにわたってお話を伺えるので、ま

  た講座が復活するかもしれません・・・

  → 『高成田享の部屋』

 

★松村一雄氏:『青少年問題』(第1~2期)警視庁大森少年センター所長

  寺子屋黎明期に「青少年の非行」問題をお話いただきました。お話自体は大変興

  味深く、真剣に考えないといけない問題でしたが、寺子屋の本旨とは少し離れて

  おり、第2期で終了いたしました。

 

★鈴木博氏 :『自分が源泉』(第1~7、9期)

  寺子屋小山台の「看板講座」の一つでもある『自分が源泉』をご担当。自身経営

  者研修を主催するシナジースペース㈱の代表取締役。寺子屋のプレ講座として

  は、これ以外にないと言えるもので、毎回受講生の方から評価いただいておりま

  す。今期はご都合によりご担当いただけませんが、また復活いただく予定です。

 

★所幸蔵氏 :『自分が源泉』(第8期)

  鈴木博氏がご都合により担当いただけなかった第8期に『自分が源泉』講座をご

  担当いただいたシナジースペース㈱の方。内容的には鈴木氏と一緒にやっておら

  れることもあり、ほぼ同じでした。

 

★西川孝純氏:『日本の政治』(第5~6期)

  元共同通信勤務。「政治論」ご担当として、講座を引き受けていただきました。

  政治記者としての長いご経験から、日本の政治家の方の素顔などのお話を伺いま

  した。新潟ご出身で、地元から市長選に立候補されるため、同じ共同通信の川上

  氏に交代されました。

 

★是永和夫氏:『異文化コミュニケーション』(第7期)

  三菱商事勤務。社団法人日韓経済協会専務理事兼務。長年南アフリカに勤務され

  ていたご経験と日韓経済協会理事というお立場から、異文化コミュニケーション

  についてお話いただきました。「異文化コミュニケーション」というタイトルで

  したが、南アフリカでの経験談は非常に面白いお話でした。 

 

★李延江氏 :『中国から見た日本』(第8期)

   朱建栄先生が突然中国内で拘束されるという事態になり、急遽ピンチヒッター

  でお願いした精華大学教授。朱建栄先生と同様、日本および日本語に堪能で、朱

  建栄先生に負けず劣らず興味深いお話を伺えました。懇親会でも活発な意見交換

  がなされ、またの再会をお約束させていただきました。

 

★方常源氏 :『変革とリーダーシップ』(第8期)

   サムスン電子ジャパン社長。当初『韓国から見た日本」という内容ではどうか

  と打診させていただきましたが、得意なテーマではないということで、サムスン

  の躍進の秘密についてのビジネス系のお話となりました。事前課題としてサムス

  ンの新経営に関する書籍(『サムスンの研究』)を一読して臨むこととなりまし

  た。ガッチリビジネス系の面白いお話を伺うことができました。

  (準備は大変でした・・・)

 

★白石俊徳氏:『企業戦略について』(第9期)

   ㈱三井伊勢丹ホールディングス執行役員。初めての講座でしたが、寺子屋の趣

  旨をよくご理解いただき、同社の新人研修を真似た伊勢丹の店舗見学を事前に課

  題として実施するなど、講座内容も含めて斬新でした。自ら進行も考えていただ

  き、世話役としては大変ありがたかったです。

 

★三屋裕子氏:『チームビルディング』(第9期)

  元バレーボール日本代表の有名人ということもあって、卒業生も多数ご出席いた

  だきました。始めは、若干の不安もありましたが、さすが一流選手は講座の方も

  飽きさせない内容で、世話役も思わずのめり込んでしまいました。

 

★塩澤賢一氏『ビール業界について』(第10・11期)

  アサヒビール(株)常務取締役兼常務執行役員 (当時)。飲料業界の展望やマ

  ーケティングなど様々な角度からご講演頂きました。またアサヒスーパードライ

  誕生秘話も伺うことができました。毎回アサヒスーパードライ(クリスマス

  Ver.)の差し入れを頂き、受講生は一気に盛り上がりました。

 

植木英次氏『NTTデータの事業戦略会議とデジタル革命』(第12期)

  (株)エヌ・ティ・ティ・データ代表取締役副社長執行役員。(当時)事前課題

  として「デジタル革命の中、あなたは自分自身もしくはあなたの会社をどう変え

  ていきたいのか。」というテーマが与えられ、グループディスカッションでは受

  講生が勤務する企業や業界に於けるデジタル化についてアイディアを出し合いま

  した。

 

★辻智子氏『経営戦略(食と健康について)』(第12期)

 (株)吉野家ホールディングス 執行役員グループ商品本部 素材開発部長。(当

  時)事前課題からかなりの難題で「吉野家の従来型店舗または実験店舗へ出向

  き、健康を軸とした吉野家の新しい取り組みを提案する」というもの。受講生は

  グループに分かれて議論し、提案をまとめました。

 

小渕敏郎氏『日本の政治について』(第13・14期)

 (一社)共同通信社編集局次長。(当時)省庁再編、加藤の乱、小泉訪朝などを取

  材。「平成」という一つの時代が終わろうとしている節目に、史上最長となる長

  期政権の課題や最優先課題について考える機会を与えて下さいました。